22/08/2018 - 31/08/2018

@wbsc   #WomensBaseball  

Hosted by:   USA

VIII Women’s Baseball World Cup 2018 - Official Payoff

六角彩子、日本の女子野球の成長に貢献

六角彩子、日本の女子野球の成長に貢献
27/11/2019
28歳で元ワールドカップMVPに輝いた六角綾子女史は、まだ選手として活躍している。彼女は、WBSC ベースボール5の認定インストラクターでもある

WBSCの重要な大会であるプレミア12で、11月17日に手に汗を握る決勝戦で韓国を破り、世界1位の日本が栄誉を獲得した。プレミア12は世界の男子野球のベスト12チームが参加し、最高の観客、ファンの参加、そして娯楽的な最高のグローバルな野球バトル。元日本女子代表チームのメンバーであり、女子野球ワールドカップで4回優勝の六角綾子は、その恩恵を受けるのは男子野球だけではないと述べた。

「私はWBSC プレミア12がとても気に入りました。非常に良いトーナメントでした。」と六角は言った「世界で最高の12の国が競い合うことは多くの期待を生み出しました。私は日本人であり、多くの本当に優秀な選手達が我が国を代表に選ばれたことにとても興奮を覚えました。私はこれらの偉大なアスリートがトーナメントの期間中、どのようにコンディションを維持することができるかを理解するためにプレミア12を一選手の観点から見ていました。」

日本の女子野球は確実に成長しており、かつて女子プロ野球リーグ(GPBL)として知られていた4チームの日本女子野球リーグ(JWBL)は、2009年から注目を集めている。

「日本の女子野球は本当に成長しています。」と六角は言う。「今では私達女子選手は約2000人います。10年前は500人もいなかったと思います。」

「野球を始めたのは、兄がしていたからです。彼と一緒に多くの時間を過ごしていたので、私も野球を始め、このスポーツには私を虜にするようになりました。このような成り行きは日本ではとても多いと思います。」

28歳で、六角は女子野球の世界的なスターとなった。2010年、2012年、2014年と2016年、彼女は日本チームが女子野球ワールドカップを4度も優勝するのに活躍し、2010年にはMVPの栄誉を受賞した。彼女は先週の第3回WBSC総会前夜のアメリカ大陸のオリンピック予選と決勝予選の抽選会のゲスト・プレゼンテーターを務めた。

彼女はWBSC総会と並行に行われたベースボール5 Workshopのゲストプレゼンターも務めた。WBSCの新しいベースボール5に対する六角の熱意は非常に大きな影響を与えた。彼女は通訳を通して話していたが、彼女の声の調子には説得力があった。六角選手が話していることを彼女が心から信じていることよく伝わった。「ベースボール5は皆が一体になることを教えるための素晴らしい方法を提供します。また、プレーヤーとして、ベースボール5は非常に良いトレーニングの機会を提供すると信じています。」

東京2020オリンピックでゲストとして参加する際に、ベースボール5を深く愛する人からの話を聞くのは素晴らしいことだ。